ここから本文です

ロッテリアで「デス辛」なタンドリーチキンが食べられる! 免責同意書必須な禁断の辛さに挑戦した

6/13(火) 18:28配信

ねとらぼ

 ロッテリアで「食べるな注意!デス辛タンドリーチキンサンドキャンペーン」という激辛党が大興奮するキャンペーンが開催されています(ソースが無くなり次第終了)。ロッテリアの新商品、タンドリーチキンを購入し、免責同意書にサインすれば、好きなだけ激辛ソースがかけられるというもの。免責同意書ってどういうことですか。

【画像】読めば読むほど怖くなる同意書

 この気になりすぎるキャンペーン、辛いものが苦手な筆者が挑戦してきました。

 6月8日に新発売となったタンドリーチキンは「激辛タンドリーチキンサンド」「辛口タンドリーチキンサンド」「旨辛タンドリーチキンサンド」の3種類。辛口、中辛、甘口といったところでしょうか。

 このタンドリーチキンのどれにでも、“ブートジョロキアを使用した刺激的な辛さのソース”、つまりド激辛なソースを追加でトッピングすることができるのです。ねとらぼ編集部の人が「デスソース知ってます? あれなめたとき、舌を水道の蛇口に当て続ける状態になったんですよー。そんなレベルじゃないですかねー」とか気楽に言っていました。食べるの、辛いのが苦手な私なんですけど、大丈夫でしょうか。

 ということで、免責同意書を、キャンペーンサイトからダウンロードします。激辛ソースをかけて、デス辛にするにはこの免責同意書への署名が必要です。そしてこの免責同意書に何が書かれているかというと……。

本ソースのトッピング量によっては、涙目や鼻水、喉や口腔内の激しい痛み、胸の動悸、息苦しさ、その他の重篤な症状を引き起こす可能性があり、これらの症状は長時間にわたり持続する場合もあります。

 じゅ、じゅ、重篤な症状ー!? 本当に大丈夫なのだろうか。一流企業がやってるわけだから、本当にケガするようなことはないと思うのですが、それでもこれは本当にとってもすごそうです。こうなるとただの怖いもの見たさ。覚悟を決めて、免責同意書を持って、店舗へと出向くのです。いざ、ロッテリアへ。

 そして、ロッテリアに着きましたが、簡単に言うと売り切れていました。責任者のような方が奥から現れ、申し訳なさそうに「終了しました」と告げるのです。

 2017年6月8日に始まったこのキャンペーンですが、既に売り切れている店舗が複数あるようです。確認したところ、新宿小田急エース店、原宿竹下通りイースト店、お茶の水駅前店でも売り切れでした。新宿小田急エース店は9日には売り切れていたそうです。正直、こんな激辛な食べ物はWebメディアライターとYouTuberにしか需要ないかと思っていました。すごい人気にビックリです。

 12日の時点でまだ取り扱いがある店舗を見つけ、再びいざロッテリア。こちらの店舗では店の前が既にタンドリーチキンの香りであふれていました。インド料理屋さんみたいな香りです。ロッテリア、本気だな。

 ここで再び同意書を見せて購入です。一番辛くない「旨辛タンドリーチキンサンド」と一番辛い「激辛タンドリーチキンサンド」を頼みました。旨辛のほうはオリジナルのままで、激辛のほうはさらに激辛ソースをかけてデス辛にしてもらいます。激辛ソースは1フリ5グラムで1フリから3フリまで選べるそうです。もちろん、3フリを選びました。

 調理しているところをレジカウンターから眺めていたら、店員さんがイキイキと激辛ソースを冷蔵庫から取り出すではないですか。その激辛ソース、瓶にドクロが書いてあって「DEATH」とかおどろおどろしく書いてあるんです。それすっげー辛そう、っていうか編集部員の舌を水道の蛇口に当て続ける状態にさせたあのデスソースじゃないっすか!

 その後、楽しそうにデスソースをタンドリーチキンにフリフリする店員さん。いまさ、結構さ、どばって出てたよ。どばって。かけすぎじゃない? ね、ね、ね、そんなにかけたら辛くない? 大丈夫? という心の声。ここに来てチキンな私です。

旨辛タンドリーチキンサンドは、天使の味

 辛いものは苦手なので、まずは辛くない方から食べます。

 旨辛タンドリーチキンサンド、おーいしー!

 中のタンドリーチキンは、クミンやカルダモンの香りがすごく効いているんです。インド料理屋さんで食べるチキンの味で、結構本格派。そこにレタスとマヨネーズっぽいソースがかかっています。外側のナンは、日本的ふわっともちっとタイプ。すごいおいしい。私の心のロッテリア株が急上昇しました。がんばったなロッテリア。

 食べていると、途中で辛いソースが出てきました。この辛さが絶妙です。確かに小学1年生の私だったら泣いてたかもしれないくらいには辛いのですが、水なしでも食べきれるくらいの辛さです。おいしかった。辛みとはこうあるべきです。

デス辛タンドリーチキンサンドが赤すぎる件

 で、もうひとつの赤いタンドリーチキンの話をしましょう。

 デス辛にしたタンドリーチキン、見た目におかしいんですよ。すごい赤いんですよ。なんですか、この全面にほとばしってる赤い液体。見てるとよだれは出てきますけど、赤いですよ。タバスコ1本かけたスパゲティかよっ!

 現在、購入から1時間30分が経過しています。まだほんのり温かいですが、だいぶ冷めたと思うんです。冷めたから、きっと辛くないと思うんです。何かあったときのためにヤクルトも買ってきました。だから、大丈夫だと思うんだ。

 食べます!

 「あ、意外と私、大丈夫かも」最初はそう思ったんです。でも3秒後には、

 ふぎゃあああああああああああああああああ。

 アホかっって言いたくなるくらいに、口の中がやけどのように痛みます。胃も燃えてくるのです。ヤクルト最高ですよ。ヤクルトを舌の上にのせて斜め上を向いて波が去るのを待つのです。ヤクルトの次はひたすらうがい。ああ、私は1人で何をしているんだろう。これがクリスマスイブの夜だったら確実に泣いてる。

 うがいをし続けて5分間、今度は唇もはれるように痛くなってきました。なんなの。なんなの。

 7分後、舌のヒリヒリは収まりましたが、やっぱり痛みが続きます。そして14分後、ようやく落ち着きを取り戻しました。全回復です。

 味ですか? 分かりません! 全く!

カレーにするとおいしいよ

 デス辛タンドリーチキンは本当に危険なレベルの辛さでした。食べ残したデス辛ですが、夕飯のカレーに入れたところ、ちょっと辛いおいしいカレーとなりました。そして、カレーに入れたデス辛タンドリーチキンサンドの鶏肉は、自分で煮込んだ鶏肉よりも圧倒的にやわらかくてジューシーでした。辛いときには全く分からなかったのに!できる子だったんだね!

最終更新:6/13(火) 18:28
ねとらぼ