ここから本文です

データが物語る青木のすごさ 三振率の低さはイチロー以上

6/13(火) 6:46配信

スポニチアネックス

 ◇ア・リーグ アストロズ6―12エンゼルス(2017年6月11日 ヒューストン)

【写真】日米2000安打達成後、ケーキでお祝いする青木と佐知夫人

 アストロズ青木の特徴を最も端的に示しているデータが正確なバットコントロールによる三振の少なさ。米データサイト「ファングラフス」によれば、12~16年の5シーズン合計で2500打席以上に立った選手で、青木の三振率(三振数÷打席数)は両リーグを通じて最も低い8・0%を記録した。イチローのデビューから5年間(01~05年)の三振率は8・5%だったから青木の価値が分かる。

 また、日米通算1678試合という達成ペースは、イチローに次ぐ2番目の早さだ。

 12年から昨季までの5年連続で「打率・280以上+出塁率・349以上」をクリア。青木以外では、カブレラ(タイガース)、トラウト(エンゼルス)、ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)、ポージー(ジャイアンツ)の4人しかいない。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 22:25