ここから本文です

ギャンブル依存症対策法案を提出=自公

6/13(火) 16:01配信

時事通信

 自民、公明両党は13日、ギャンブル依存症対策のための基本法案を衆院に提出した。

 内閣に官房長官を本部長とする対策推進本部を置き、予防・啓発や医療体制整備、患者の社会復帰支援を含む基本計画を策定するよう政府に求める内容。当初は与野党共同提案を目指していたが、野党側との協議が調わず与党単独での提出となった。 

最終更新:6/13(火) 16:06
時事通信