ここから本文です

海老蔵長男・勸玄君効果で即完売 「七月大歌舞伎」夜の部3階席

6/13(火) 18:10配信

デイリースポーツ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)の長男・勸玄君(4)の出演で話題となっている東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」の夜の部の3階席のチケットが完売となったことが13日、松竹への取材で分かった。チケットの一般発売は12日からで、13日午前には売り切れに。“勸玄君効果”を示す結果となった。

【写真】海老蔵ファミリー 家族4人で笑顔の記念写真

 七月大歌舞伎の夜の部は勸玄君が、史上最年少の4歳で宙乗りに挑む演目「駄右衛門花御所異聞」。勸玄君は白狐役で登場予定だ。海老蔵は5月28日の同公演の会見で、肺腺がん治療のため休演する中村獅童の代わりに「こうなったら助っ人を呼ぶしかないかなと。一族の中でわたしより人気のある人をね」と勸玄君の出演を示唆し、話題に。今月8日に出演が正式発表された。

 チケット発売からわずか1日でのソールドアウト。松竹によると、昼の部の3階席チケットは一部残っているものの、「通常より早いペース」で売れているという。

 公式サイトによると、3階席はA席で6000円、B席で4000円と比較的リーズナブル。海老蔵や勸玄君をひと目見ようと、歌舞伎になじみのない人たちもこぞって買っているようだ。