ここから本文です

BE・LOVEの新刊で“推し4フェア”、特設サイトで交換イラストを公開

6/13(火) 20:59配信

コミックナタリー

愛本みずほ「ぼくの素晴らしい人生」1巻、糸井のぞ「真昼のポルボロン」1巻、丘上あい「ネコろび八起き」上・下巻、安藤なつみ「私たちはどうかしている」2巻が本日6月13日に発売された。

【写真】「真昼のポルボロン」1巻(他4枚)

この4タイトルはすべてBE・LOVE(講談社)連載の作品。「ぼくの素晴らしい人生」は、生まれつき文字の読み書きが苦手な主人公・忍の成長を描く作品。バイトをすぐクビになり、鬱屈した気持ちを抱えていた忍だったが、ディスレクシア(読字障害)という障害を持つ喫茶店のマスター・遥との出会いをきっかけに変わっていく。

また「真昼のポルボロン」は、母親の胎内の記憶を持つ9歳の少女・るつぼと父親の関係を描いた作品。妊娠中の母を捨てた父親と、期間限定で同居生活を送ることになったるつぼだが……。

「ネコろび八起き」は、彼女に出て行かれて独り身になったアラサー男子・優生が、元カノがかわいがっていた野良猫・にぼしとの触れ合いをきっかけに、自分と彼女について見つめ直していく。そして「私たちはどうかしている」は、和菓子職人の母を持つ七桜と、老舗和菓子屋の一人息子・椿を描くサスペンスだ。

発売を記念し「BE・LOVE推し4フェア」と題した特設サイトを設置。安藤なつみによる「ネコろび八起き」、丘上あいによる「真昼のポルボロン」、愛本みずほ先生による「私たちはどうかしている」、糸井のぞ先生による「ぼくの素晴らしい人生」のイラストを公開している。