ここから本文です

「国内初のデニム学生服」誕生=岡山・関西高が導入―ジャパンブルー

6/13(火) 19:00配信

時事通信

 「桃太郎ジーンズ」などを展開するデニムメーカーのジャパンブルー(岡山県倉敷市)と私立校の関西高校(岡山市)は13日、デニム製の濃紺の学生服を発表した。関西高校が来年度から制服として導入する。岡山県は国内有数のデニムと学生服の産地。ブレザーの生地に、ジャパンブルーが学生服向けに開発した耐久性があり、色落ちしにくいデニムを採用した。

 記者会見したジャパンブルーの真鍋寿男社長は「国内初のデニム学生服。全国に広めていきたい」と語った。関西高校を運営する関西学園の井上峰一理事長は「郷土に誇りを持ち、社会に貢献する生徒を育てたい」と述べた。学生服に使ったデニムは通常の素材に比べ、摩擦に約3倍強く、家庭で洗濯できるという。

 関西高校は1887年創立の岡山県唯一の男子高。開校以来、詰め襟を制服としてきたが、創立130年を機に制服を一新することにした。 

最終更新:6/13(火) 19:21
時事通信