ここから本文です

田中、6勝目逃すも「チームが勝ったのが自分の中では大きな進歩」

6/13(火) 18:24配信

スポーツ報知

◆エンゼルス3―5ヤンキース(12日・アナハイム)

 ヤンキースの田中将大投手が12日(日本時間13日)、敵地でのエンゼルス戦で先発し、7回途中4安打3失点(自責1)と力投。救援が打たれて6勝目は逃したが、「全体的に良かったと思います。チームが勝ったのが自分の中では大きな進歩。だから、すごく良かったですね」と表情を緩めた。

 初回1死からカルフーンの中越えソロを被弾したが、その後はスプリットを武器に立て直した。3回から3イニング連続で3者凡退。5回2死ではエスピノーザの一塁側へのセーフティーバントに飛び込んで投ゴロとした。6回2/3で89球、8奪三振2四球、4安打3失点(自責1)。5月8日のレッズ戦以来の勝ち星をつかめなかったが、「全てのバランスが良かったから、いろんなところでコントロールできた部分があった」と手応えを口にした。

 打撃好調のチームは6連勝。ア・リーグ東地区首位を快走している。「これだけチームが(6連勝中と)調子がいい中でやっぱり乗り遅れてしまっている。なんとかしたい気持ちはもちろんありました」という。降板時は敵地にもかかわらず、観客からスタンディング・オーベーションで迎えられた。「次に向けて、いい準備をして調整していきたい」と次戦を見据えた。

最終更新:6/13(火) 18:44
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 9:45