ここから本文です

阪神・糸原が3試合連続打点 七回、2点適時二塁打でリード3点に広げる

6/13(火) 20:42配信

デイリースポーツ

 「交流戦、阪神-西武」(13日、甲子園球場)

 阪神が糸原健斗内野手(24)の2点適時二塁打で追加点を奪った。

 1点リードで迎えた七回、2死一、二塁の場面で、1番・糸原に打席が回った。その初球。2番手・武隈の変化球を捉えた。打球は伸びていき、中堅手・秋山の頭上を越えた。

 この一打で四球で出塁した一走・新井も一気に本塁を駆け抜け、5-2とリードを3点に広げる大きな追加点を奪った。

 糸原はこれで3試合連続の打点をマーク。ルーキーながら勝負強い打撃が光っている。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 13:05