ここから本文です

ディーン・フジオカ、いまも五代愛 主題歌に秘めた歌詞、像と「心の中で会話」

6/13(火) 20:55配信

デイリースポーツ

 俳優のディーン・フジオカが13日、大阪市内の映画館で主演映画「結婚」(24日公開)試写会で舞台あいさつを行った。大阪を舞台にした、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」の五代友厚役で一躍スターになったこともあり、会場からは「お帰り~」という黄色い歓声。ディーンが「好きやで」と大阪弁で返すと、会場の熱気は最高潮となった。

 本作のメガホンを取った西谷真一監督は、「あさが来た」で演出を務めた。歌手の顔も持つディーンは今回、主題歌の作詞・作曲も手がけたが「歌詞は“あさが来た”から始まる。『あさが来た』のみんなに聞いてもらいたいと思って作ったんです」と明かした。

 また大阪・北浜の大阪証券取引所前には五代の像が設置されているが、「いまもあの前を通るたびに、五代さんと心の中で会話してるんです」と照れくさそうに“五代愛”を告白していた。