ここから本文です

【清水】金子、白崎の右足首負傷で空いた左MFに名乗り

6/13(火) 18:59配信

スポーツ報知

 J1清水エスパルスは13日、次節のC大阪戦(17日、ヤンマー)に向けて静岡・三保で練習を再開した。開幕から全試合フル出場を続けてきたMF白崎が4日のF東京戦で右足首を負傷し、長期離脱。空席となった左MFに金子翔太(22)が名乗りを上げた。

 この日の紅白戦形式の練習では紅組の左MFでプレー。白組の同位置に入ったデュークと週末に向けてスタメンを争うことになりそうだ。「監督からも『攻撃的に守備をしていけ』と言われてる。ポジションを自分の力でつかみたい」と、持ち味の献身的な姿勢を見せた。

 前線からの守備を買われて開幕から2トップの一角に定着していたが、FWチアゴの活躍もあって5月5日のG大阪戦以降スタメン落ち。チームも8戦勝ちなしと苦しんでいる。主力組で臨んだ10日のサテライトリーグ・広島戦には後半から出場。豊富な運動量で2―1の勝利に貢献し、小林伸二監督(56)を「金子は元気だった。嫌らしい所でプレーするし、入るとやっぱり守備が効く」とうならせ、評価を急上昇させた。

 もちろん守備だけで終わるつもりはない。「より中に入って受けたり、2列目から飛び出したりアクセントを付けられれば。FWの時より点を取れるイメージはある」と言い切った。自身も、13位のチームも再浮上のきっかけをつかみたいところ。地道にアピールを続ける。

最終更新:6/13(火) 19:25
スポーツ報知