ここから本文です

GM退任激震巨人が交流戦2勝目 菅野3安打1失点完投で7勝目

6/13(火) 21:06配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人5-1ソフトバンク」(13日、東京ドーム)

 球団ワースト記録を更新する13連敗を喫し、GM交代という激震の巨人は、2連敗でストップし交流戦2勝目でを挙げた。

 巨人は三回、3試合ぶりの先発出場した坂本勇の左中間適時二塁打で先制。四回は小林が中前適時打を放ち、七回には再び坂本勇の左前適時打などで3点を追加した。

 先発・菅野は八回にソフトバンク・長谷川勇に1号ソロを浴び完封を逃した。九回も1死一、二塁のピンチを招いたが後続を仕留め、3安打1失点完投で7勝目を挙げた。

 七回には左前打を放ち3点目のホームを踏んだ。投球も九回にピンチを背負いながら120球を投げ、一人でマウンドを守り切った。「最後、ピンチを作ってしまったんですけど、ファンのみなさんの声援で抑えることができました」と喜んだ。「あしたから5連戦ありますけど、みんなやってくれると思っています」と球団ワースト記録の13連敗を作ったものの、巻き返しをナインに託した。完投させた高橋監督も「あそこまでいったら一人でいってもらわないといけない」とエースに全てを託し、連敗を2で止めた。

 ソフトバンクは先発・東浜は七回途中5失点で2敗目を喫した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 7:55