ここから本文です

<英首相>閣外協力へ党首会談 辞任回避の見通し

6/13(火) 23:18配信

毎日新聞

 【ロンドン矢野純一】英総選挙で過半数割れとなった保守党のメイ首相は13日午後、閣外協力の協議を続けている北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)のフォスター党首と初の直接会談を行った。閣外協力が実現する可能性が高まっており、メイ氏の即時辞任は、いったんは回避されそうだ。

 両党は重要法案で同じ行動を取る閣外協力を目指している。合意に達すると、与党側は過半数(326議席)を上回る328議席となる。既に大筋合意に達しており、細部の詰めを行っている。

 一方、英メディアによると、メイ氏は12日夕、保守党下院議員の会合に出席し、「混乱を招いた」と陳謝。同時に「皆が望む間は党に仕える」と続投を表明した。DUPと閣外協力に向けた協議が順調に進んでおり、辞任を求める声は上がらなかったという。

 ただ、保守党関係者は「メイ氏は死に体で、年内の党首選は避けられないだろう」と話しており、メイ政権の行く末は不透明だ。

最終更新:6/13(火) 23:18
毎日新聞