ここから本文です

日本、こぼれ球の処理誤り失点 W杯最終予選イラク戦

6/13(火) 23:37配信

朝日新聞デジタル

(13日、サッカーW杯アジア最終予選 日本1―1イラク)

 日本が痛恨の同点ゴールを許した。後半27分、イラクの選手がドリブルで、日本のペナルティーエリアに侵入。DF陣が体を投げ出していったんはボールを止めたが、こぼれた球を遠くへ蹴り出すのか、GK川島に捕球させるのかが曖昧(あいまい)に。後から飛び込んできたイラクの2人目があきらめずに追い、3人目にそれをゴールの内側に蹴り込まれた。土壇場で、日本は球際での隙が出てしまった。

【写真】試合後、下を向く吉田(22)ら日本の選手たち=長島一浩撮影

朝日新聞社