ここから本文です

<サッカーW杯予選>日本、イラクと引き分け

6/13(火) 23:29配信

毎日新聞

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組の日本代表は13日、イラク代表と対戦。日本は1-1で引き分け、5勝2分け1敗で勝ち点を17に伸ばして首位を守った。8月31日に埼玉スタジアムである第9戦で、勝ち点16で3位のオーストラリアに勝利すれば、B組2位以内が確定して6大会連続6回目のW杯出場が決まる。

 日本は序盤から優位に試合を進めた。前半の早い段階でセットプレーから先制に成功。本田の右CKに大迫が頭で合わせた。だがその後、イラクのサイドからの攻撃に手を焼き、クロスを入れられて危ない場面を何度か招いた。前半は何とか無失点で乗り切ったものの、後半にゴール前の混戦から守備のミスもあり、同点に追いつかれてしまう。

 日本は後半にけが人が相次ぐなど苦しみ、さらに決定機に大迫が放ったシュートが相手にブロックされるなどゴールが遠く、追加点を奪うことはできなかった。

 日本・ハリルホジッチ監督 もちろん全く満足してない。勝つためにここにきた。両チームともかなり疲労した状態。交代もけがのために予定通りできなかった。(8月の)オーストラリア戦が決勝戦になった。

最終更新:6/14(水) 0:31
毎日新聞