ここから本文です

キアヌ・リーブス「あの鐘を鳴らすのはあなた」に感動 アッコ「今度一緒にしましょうよ」

6/13(火) 19:55配信

スポーツ報知

 歌手の和田アキ子(67)が13日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた映画「ジョン・ウィック:チャプター2」(7月7日公開、チャド・スタエルスキ監督)のジャパンプレミア舞台あいさつに登場。殺し屋の映画ということで、黒のドレス姿で主演のキアヌ・リーブス(52)に花束を渡した。

 15年に公開された「ジョン・ウィック」の続編で、2月に公開された全米では前作の倍以上の約30億円を売り上げたアクション映画。壇上に上がった和田は、キアヌとチャド監督が控室で和田の「あの鐘を鳴らすのはあなた」を聞いて「とても感動、特別ですごかったです」と感想を語っていたことを知らされると感激した様子。キアヌが昔バンドマンでベースをやっていたことから「今度一緒にしましょうよ」と誘った。

 キアヌは「上手でないから」と言いつつも、「OK、誘ってもらってありがとうございます」と約束。3作目への期待も高まるが、チャド監督は、もし和田に出演してもらえたらという質問に「ボス役、親分(役)」と答えると「役作りはいらないと言ってください」と通訳に注文し笑わせた。

最終更新:6/13(火) 19:55
スポーツ報知