ここから本文です

JR北海道硬式野球ク 3年連続14度目の都市対抗切符!今季からクラブチームで活動

6/13(火) 17:43配信

スポニチアネックス

 ◇社会人野球都市対抗北海道地区2次予選最終日 JR北海道硬式野球クラブ12―0TRANSYS(2017年6月13日 札幌円山)

 今季からクラブチームとなったJR北海道硬式野球クラブがTRANSYSに大勝し、2次予選3連勝で3年連続14度目の都市対抗出場を決めた。

 同クラブは初回に4番小林、5番大東、6番増川が3者連続本塁打。4回には中浦の1発も飛び出し、4本塁打を含む大量16安打と打線が機能した。

 創部108年目の昨年11月にJR北海道の休部が発表され、今季からクラブチームで活動。狐塚賢浩監督は「苦労してつかんだ代表。東京ドームでは伸び伸びやってほしい」と目を細めた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 11:55