ここから本文です

ドンキと業務提携検討=店舗の共同運営も―ユニーファミマ

6/13(火) 21:00配信

時事通信

 流通大手ユニー・ファミリーマートホールディングスとディスカウントストア運営のドンキホーテホールディングスは13日、業務提携の検討を始めたと発表した。商品の共同開発や仕入れ、物流を合理化してコストを削減。人手不足が深刻化する中、店舗の共同運営も試みる。

 ユニーファミマは総合スーパーとコンビニが主力事業で、ドンキとは競合が少ない。両社の知見を生かした新規事業開拓などでも協業する。提携内容は半年をめどに具体化し、契約締結を目指す。

 電話を通じて記者会見したドンキの高橋光夫専務は「業態や出店エリアの競合が少なく、相互に補完効果が期待できる」と説明。今後の資本提携については「検討事項になる可能性はあるが、現時点では未定」と語った。 

最終更新:6/16(金) 10:51
時事通信