ここから本文です

【仙台】GKシュミットがダンク!25選手が小学生100人と遊びで触れ合い

6/13(火) 20:34配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台は13日、地域と選手、クラブをつなぐホームタウン活動として「ベガルタ仙台の選手と遊ぼう!in川平小学校」を、仙台市の同校で開催した。

 選手25人が参加し、小学生約100人とサッカーやバスケットボール、ドッジボールのほか、けん玉など、様々な遊びで約1時間触れ合った。遊びだけでなく、中には「宿題」という異色のコーナーも設けられ、DF石川直樹(31)が“先生”として子供たちの勉強を見ていた。

 サッカーではリーグ2位の7得点を挙げているFWクリスラン(25)や、U―19日本代表に選ばれたMF佐々木匠(19)らが、ドリブルなどプロの技を披露。バスケットボールでは196センチの長身GKシュミット・ダニエル(25)が、小学生仕様の高さのゴールに楽々とダンクシュートを決めるなど、会場のあちこちで子供たちの歓声が上がった。

 選手会長のGK石川慧(24)は「純粋に楽しかったし、子供たちも楽しんでくれていたと思う。やって良かった。こういう活動を地道に行って、チームがいい方向に向かっていけるように努力したい」と話した。

最終更新:6/13(火) 20:35
スポーツ報知