ここから本文です

広島 薮田が金子との投手戦制し6勝目!オリックスは2戦連続零封負け

6/13(火) 20:35配信

スポニチアネックス

 ◇交流戦 広島1―0オリックス(2017年6月13日 三次)

 広島先発の薮田が8回無失点の好投でオリックス・金子との投手戦を制し、交流戦3連勝で今季6勝目(1敗)を挙げた。

 薮田は8回までに11個の三振を奪うなど圧巻の投球。150キロを超えるストレートとツーシームのコンビネーションでオリックス打線を翻弄した。8回115球を投げて被安打3、11奪三振、2与四球の内容だった。

 打線はオリックス先発の金子に苦しんだが、8回に西野の失策で走者を出すと、代打石原が犠打で得点圏に走者を進め1番田中の右翼線への適時二塁打で1点を先制した。

 広島は連敗を2で止めセリーグ首位を堅持した。オリックス戦は15年から7連勝。2番手今村が12セーブ目を挙げた。一方のオリックスは2戦連続の零封負け。先発の金子が8回1失点(自責0)の力投も4敗目(6勝)を喫した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 20:05

Yahoo!ニュースからのお知らせ