ここから本文です

巨人・高橋監督 慶大の先輩・堤GM辞任に「私たちの力のなさ」

6/13(火) 22:43配信

デイリースポーツ

 「交流戦、巨人5-1ソフトバンク」(13日、東京ドーム)

 投打がかみ合った巨人が交流戦2勝目を挙げ、連敗を「2」で止めた。

 三回2死二塁から3試合ぶりにスタメン復帰した坂本勇の適時二塁打で先制。四回に1点を追加し、七回には4本の長短打を集め、3点を追加した。先発・菅野は3安打1失点での完投勝利でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた。

 本拠地での連敗は8でストップ。高橋監督は菅野について「修正して、菅野らしいピッチングをしてくれたと思います」と満足げに振り返り、5得点を挙げた打線にも「ああいった攻撃ができれば、効率良くいい攻撃ができる」と評価した。

 この日、成績低迷の責任を取り、慶大野球部の先輩にあたる堤GMが辞任。指揮官は「私たちの力のなさでこういう形になってしまいました。ただ、試合はこれからも続くわけですから、与えられたこと、できることを我々は精いっぱいやっていくしかないと思います」と神妙な面持ちだった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 4:10