ここから本文です

楽天15安打12点で3連勝、松井稼5打点 ヤクルト自力V再消滅

6/13(火) 21:47配信

スポニチアネックス

 ◇交流戦 楽天12―3ヤクルト(2017年6月13日 神宮)

 楽天が初回から圧倒的な攻撃力でヤクルトに完勝、3連勝で今季最多タイの貯金21とした。ヤクルトは自力優勝が再び消滅した。

 初回先頭の茂木が右中間三塁打で出ると続くペゲーロの左適時二塁打、2死二、三塁となって松井稼の右中間2点三塁打で3点を先制。3回には1死二、三塁から再び松井稼のが左前2点適時打、5回には2死一塁から三好が左適時二塁打、6回にもウィーラーと松井稼、7回に代打銀次の適時打などでリードを広げた。結局攻撃陣は15安打12得点と圧倒した。

 この日登録即先発となった釜田は6回2失点で3勝目、交流戦は無傷の6連勝となった。松井稼が3安打5打点、途中出場の銀次が2安打3打点の活躍だった。

 ヤクルトは先発の石川は、史上46人目の2500投球回を達成したが5回6失点で6敗目を喫した。打線も6回に2点、8回に1点を返すのがやっとだった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/23(金) 3:40