ここから本文です

大迫 先制弾も痛恨ドローに「2点目を取る意識がなかった」

6/13(火) 23:48配信

スポニチアネックス

 ◇W杯アジア最終予選 日本1―1イラク(2017年6月13日 イラン・テヘラン)

 先制ゴールを決めた日本代表のFW大迫勇也(27=ケルン)はチームとして追加点を奪えなかったことを悔しがった。

 前半8分、FW本田からの右コーナーキックに、ニアサイドで頭を合わせ、バックヘッドでゴール左隅に流し込んだ。「いいボール。当てれば入るかなと思った」と振り返ったが、ドローには「悔しいですね」と唇をかみしめた。

 「言い訳はできない。課題が出た。1点を取ってからチームの重心が後ろに下がってしまったことが問題だと思うし、2点目を取る意識がなかった。凄くそこは残念でした」と悔しがった。次戦の8月31日のオーストラリア戦(埼玉)に向けて「勝つしかない。次はホームでできるし次こそが大一番かと思う」と前を向いた。