ここから本文です

北朝鮮で拘束の米国人解放=帰国の途に

6/13(火) 23:19配信

時事通信

 【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は13日の声明で、北朝鮮に拘束されていた米国人大学生オットー・ワームビア氏が解放されたと発表した。

 既に帰国の途に就いており、米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、日本経由で13日にも地元のオハイオ州シンシナティに戻る。ワームビア氏はボツリヌス中毒になった後、1年以上昏睡(こんすい)状態にあるという。

 ティラーソン氏は、北朝鮮に拘束されている他の3人の米国人についても「国務省は北朝鮮と協議を続けていく」と述べた。ただ、解放に至った経緯については言及しなかった。

 ワームビア氏は2015年12月末に観光目的で北朝鮮に入国。16年1月1日に平壌のホテルにあった政治的スローガンが書かれた物を盗んだとされ、同年3月に国家転覆陰謀罪で労働教化刑15年の判決を言い渡された。 

最終更新:6/14(水) 1:33
時事通信