ここから本文です

山崎静代、南キャン結成は元相方がイケメンだったから…「山ちゃんだったら大丈夫」

6/13(火) 22:11配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山崎静代(38)が13日放送の日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(火曜・後9時)で相方の山里亮太(40)について語った。

 しずちゃんは、当初、中学の同級生と「西中サーキット」としてコンビで活動していたが、相方が「普通の女の子に戻りたい」としてコンビ解散。その後は「南海キャンディーズ」結成前に、男性とコンビを組んで活動していたのだという。

 「(相方が)イケメンだったので、部屋でネタ合わせをしていても変な感じでムラムラしちゃって」と説明。しずちゃんがネタを作っていたため「無駄に手を触れるシーンや抱き合うシーンを入れて」。MCの元SMAP・中居正広(44)に「抱かれたかったの?」と突っ込まれると、「抱きたかった!」と答えた。

 ネタに集中出来ないと悩んでいた時に声をかけてきたのが山ちゃん。「山ちゃんだったら、そんな気持ちにならないので…」と南キャン結成の理由を語った。

 また、M―1グランプリでの舞台裏について、チュートリアル・福田充徳(41)が「誰も会話していなくて、中川家なんか(緊張で)えずいていた」と明かし、「そんな中で(ライバルに)すべろ、すべろと言っていたのが山ちゃん」と暴露されると、しずちゃんも「本当にクズやなと思いました」と語っていた。

最終更新:6/13(火) 22:11
スポーツ報知