ここから本文です

【神戸】ポドルスキの専属通訳に村上範和氏…日本人で初めて南アでプレー

6/13(火) 23:03配信

スポーツ報知

 神戸に新加入する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)の専属通訳に村上範和氏(35)が決まった。2009~11年には日本人で初めて南アフリカでプレーし、5月末までドイツ5部ヒラル・バーグハイムで選手兼コーチとして活躍。現役を引退し、第2の人生をスタートさせた。

 7月6日の来日前に、村上氏は仕事に慣れるため12日からチームに合流した。「少しでも彼が快適にプレーできるようにしたい。通訳というより、アシスタントに近い」と意欲を示した。3月頃に神戸関係者を通じて通訳の打診があった。コーチングライセンス取得のため帰国を検討していたこともあり「いいお話だし、面白い」と快諾。ポドルスキとは代表の引退試合が行われた3月にドイツで初対面した。「すごくいい感じで、キャラクターも面白い」と好印象を持った。

 村上氏は英語、ドイツ語のほか「会話程度なら」ポルトガル語と中国語もできるという。Jリーグ経験はないものの、シンガポールやドイツなど海外経験は豊富で大物助っ人の通訳には適任だ。「家族のことや私生活がうまくいかなかったら、ピッチ上でもうまくいかない。結果が出るように何でもしたい」と日本で成功するようにアシストする。

最終更新:6/13(火) 23:10
スポーツ報知