ここから本文です

【MLB】ブレーブス、両軍計8本塁打の空中戦を制す

6/13(火) 15:42配信

ISM

 アトランタ・ブレーブスは現地12日、敵地でワシントン・ナショナルズと対戦。両チーム合わせて計8本ものホームランが飛び出す乱打戦は、11対10でブレーブスが勝利した。

 ブレーブスは3点ビハインドで迎えた8回、マット・アダムズ一塁手の9号ソロなどで点差を1点とすると、9回にタイラー・フラワーズ捕手の4号3ランで逆転。その後はナショナルズの反撃を1点に抑えた。

 決勝弾を放ったフラワーズは、「今日のような試合はどちらに転んでもおかしくない試合だね。序盤から終始、大事なヒットがたくさん出たしね」と語った。

 ナ・リーグ東地区首位にいるものの、今シーズンすでに82被本塁打を記録し、これで4連敗となったナショナルズ。ダスティ・ベイカー監督は「10得点もすれば、つい勝利を期待してしまう。今は正解がみえないよ」とコメントした。(STATS-AP)

最終更新:6/13(火) 15:42
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 4:40