ここから本文です

ソフト女子U-23日本代表 福島で合宿開始

6/13(火) 10:03配信

福島民報

 ソフトボールの女子U-23(23歳以下)日本代表の強化合宿が12日、福島市の十六沼公園で始まった。2020(平成32)年の東京五輪の主力メンバーになると有望視されている17人が16日まで技を磨く。
 初日は十六沼公園でソフトボール教室が開かれ、日本代表選手が福島市内の高校生を指導した。福島西、福島北、福島明成、福島成蹊4校のソフトボール部員合わせて約40人に、守備時の捕球体勢などをアドバイスした。福島成蹊高の渡辺うらら主将(18)は「丁寧に指導してもらった。成果を今後に生かしたい」と充実した表情を見せた。 
 U-23日本代表は18日から青森県弘前市で開かれる東アジアカップに出場する。 

福島民報社

最終更新:6/13(火) 10:31
福島民報