ここから本文です

桐谷&水川&ブルゾン、『ひとパー』クランクアップに感涙

6/13(火) 16:41配信

オリコン

 女優の桐谷美玲が主演するフジテレビ系連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜 後10:00)がクランクアップを迎えた。最終日の深夜に俳優・成田凌と最終話の“肝”となるシーンでオールアップした桐谷のもとに、先にクランクアップした“女子モドキ”トリオの水川あさみ、ブルゾンちえみの2人がサプライズで登場。花束を渡してねぎらいの言葉をかけられた桐谷は、「びっくりしすぎて震えてる!!」と驚きながらも、思わず涙がこみ上げて号泣した。

【写真】同日深夜には桐谷美玲&成田凌も撮了

 まず共演の水川あさみ、ブルゾンちえみら“女子モドキ”トリオとしてのシーンを終えると抱き合って感涙。水川は「最初はどうなるか不安なところもありましたが、撮影がはじまってからは毎日爆笑しない日はないくらい、とても楽しい現場でした。この3人でこの作品に出演できて本当によかったと思います」と達成感をにじませ、ドラマ初出演となったブルゾンも「本当に本当に楽しかったです。人生の中でこんなに朝から晩まで(3人で)一緒にいることがなかったので、明日からとても寂しいです」と吐露。出演者やスタッフからの“寄せ書き”をサプライズプレゼントとして受け取った。
 
 桐谷とオールアップした成田は多くのスタッフからの割れんばかりの拍手を浴び、花束を渡されると「大変なスケジュールの中、皆さまお疲れ様でした! 特に桐谷さんは過酷なスケジュールでも、疲れた顔を見せずがんばっていて、とても元気をもらいました! ありがとうございました」とあいさつ。桐谷は「2人がわざわざ来てくれてすごく驚きました。撮影が始まったときは、本当に終わりがくるのかな(笑)と思うくらい大変な時もありました。ここに来てくれた2人がいなかったら乗り越えられなかったと思います」と感謝していた。

 最終話(15日放送)では、女子力アップのために奮闘してきた主人公・城之内純(桐谷)と美容師・榊(成田)との恋に決着が。他の女性とキスしている姿を純に目撃されたことから、純もその女性も自分の彼女だと言い切り、純のすべてを受け入れるつもりだから自分のことも受け入れてほしい、という“クズっぷり”が話題を呼んだ榊。純は距離を置きながらも榊と完全に別れることができなかった。榊とよりを戻すという純を非難する満子(水川)らだったが、純は、この気持ちはふたりにはわからない、と反発。怒った満子は、勝手にすればいい、と言い放って部屋を出ていってしまう…。

最終更新:6/13(火) 16:41
オリコン