ここから本文です

元組員の身分隠し、信金から500万円融資 洋服販売会社経営者を逮捕 大阪

6/13(火) 0:31配信

産経新聞

 元暴力団員の身分を隠して信用金庫から融資を受けたとして、大阪府警豊能署は12日、詐欺の疑いで、指定暴力団山口組系の元組員で洋服販売会社社長、宮塚豊容疑者(34)=京都市伏見区醍醐上端山町=を逮捕した。

 同署によると、宮塚容疑者は約3年前に組織を脱退していたが、信金では暴力団をやめた人物でも5年以内は融資をしない取り決めがあった。「やめて半年で借りられると思った」と供述しているという。

 逮捕容疑は昨年9月、京都市伏見区の信金に組員だった事実を隠した書類を提出し、融資金500万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、融資金は自社の運転資金に充てていたとみられる。今年1月、同署に匿名の情報が寄せられ、捜査を進めていた。

最終更新:6/13(火) 0:31
産経新聞