ここから本文です

チーム最年少のMF井手口陽介 故障者続出の中盤でチャンスつかむか サッカー日本代表

6/13(火) 10:47配信

産経新聞

 【テヘラン=小川寛太】サッカーの日本代表は13日午後4時55分(日本時間同9時25分)から、テヘランでワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選B組のイラク戦に臨む。試合はイラクの政情不安のため、中立地で行われる。故障者が相次ぐ中盤で、出番を手にしそうなのが井手口陽介(20、G大阪)。「いつ言われても出られるように準備したい」と臨戦態勢を整えている。

 7日のシリア戦は、代表デビュー戦とは思えない動きを見せた。中盤で何度もボールを奪いに行く姿勢は、選手に1対1での強さを求めるハリルホジッチ監督の心をもつかんだ。

 チーム最年少の20歳。「まだ戦術が理解し切れていない部分もある」と、代表でのプレーに完全に適応できているわけではない。ただ、「中盤ならどこでもいける」と若手らしく意欲十分だ。

 最終予選も終盤。「毎試合難しくなっている印象がある」と緊張感を感じながらも、臆するところはない。長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)や香川真司(ドルトムント)ら実力者を欠く中、「攻守でもっと貢献したい」とピッチ上での活躍を思い描いている。

最終更新:6/13(火) 11:08
産経新聞