ここから本文です

北海道宗谷岬沖のEEZにロシアの調査船 外務省の申し入れ後に退去

6/13(火) 11:16配信

産経新聞

 岸田文雄外相は13日午前の記者会見で、5日にロシア調査船が北海道・宗谷岬沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で、ワイヤのような器具を海中に垂らしているのを海上保安庁の巡視船が確認していたと明らかにした。

 外務省は在日ロシア大使館に対し、日本のEEZで事前同意なく海洋調査や資源探査を行う行為は認められない旨を申し入れ、海保の巡視船もロシア船に同様の申し入れを行った。ロシア船は申し入れ後、EEZから退去した。

 岸田氏は会見で、「引き続き、周辺海域の動向について注視していきたい」と述べた。

最終更新:6/13(火) 11:16
産経新聞