ここから本文です

復帰登板となったDeNA・石田は5回1失点 「今の方がいい感じで投げられている」

6/13(火) 23:06配信

サンケイスポーツ

 DeNA・石田健大投手(24)が13日、ロッテ1回戦(横浜)で左肘違和感からの復帰登板を果たした。

 4月22日の中日戦(横浜)以来、約1カ月半ぶりの先発とあって、「立ち上がりは少し緊張感があり、自分のリズムで投球することができませんでした」。一回に先頭の荻野に左翼線二塁打を浴び、一死後に角中に中前適時打を許した。

 しかし、その後は徐々にリズムを取り戻し、本来の切れのある球が増えたが、故障明けということもあり五回を投げきって交代した。自身3敗目(1勝)を喫したが、91球で3安打3四球、8奪三振の1失点だった。

 「(故障前より)今の方がいい感じで投げられていると思う。何を投げても怖さがないのが一番の収穫かなと思っています」

 久しぶりの1軍のマウンドについては「皆さんの声援が大きかったのが一番緊張しました。あれだけの声援のなかで投げたのは久しぶりだったので」と“復帰”を実感していた。

 試合は中継ぎ陣が打ち込まれて、1-8で3連敗となった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 5:55