ここから本文です

本田、ドローに「悔しいですけど、まあ仕方ない。しっかり反省したい」

6/13(火) 23:39配信

サンケイスポーツ

 サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組(13日、イラク1-1日本、テヘラン)B組首位の日本は5位のイラクと対戦。FW大迫勇也(27)=ケルン=のゴールで先制も、後半に同点とされドロー。けが人が続出する厳しい戦いとなったが敵地で貴重な勝ち点「1」を獲得。同組首位をキープし、W杯出場に王手をかけた。

 本田は試合後、インタビューに応じた。以下、一問一答。

 --勝ち点1をどのように捉えている

 「悔しいですね。悔しいですけど、まあ仕方ないです。しっかり反省したいなと思います」

 --リードしている中で追いつかれて苦しい展開だった。どのようなことが課題か

 「よくやった部分もね。若い選手もいますし、けが人も多い中で最低限のことはやったんじゃないかなと思う一方で、先制点も取れたので、もう少しチームとしてうまく戦うことができていれば1-0だけでなく、追加点を狙うことも出来たのではないかな。その辺の戦術的戦い方にもまだまだ課題が多かったんじゃないかな」

 --厳しいカードが2試合残っている

 「どうやっても簡単ではないことは間違いないので、あと2つ、それぞれ決勝のつもりでプレーしたいと思います」