ここから本文です

大迫、先制ゴールも「2点目を取る意識がなかったことは残念」

6/13(火) 23:45配信

サンケイスポーツ

 サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組(13日、イラク1-1日本、テヘラン)B組首位の日本は5位のイラクと1-1で引き分けた。前半8分にFW大迫勇也(27)=ケルン=のゴールで先制も、後半28分にDF陣の混乱からカミルに同点弾を決められた。しかし怪我人が続出する厳しい戦い中、敵地で貴重な勝ち点「1」を獲得。同組首位をキープし、W杯出場に王手をかけた。次戦は8月31日に埼玉スタジアムで豪州と対戦する。

 試合後の大迫との一問一答は以下の通り。

 --ゴールシーンは

 「いいボールが来たので、当てれば入ると思った」

 --厳しい環境だった

 「言い訳にはできない。僕らの課題が出た試合だった。1点取った後にチームの重心が後ろに下がってしまった。2点目を取る意識がなかったことは残念」

 --あと2試合ある

 「勝つしかない。次はホームでできる。本当に次こそが大一番」