ここから本文です

ファストリ株が急落! 日経平均は反落で再び2万円割れ

6/13(火) 6:15配信

投信1

株式市場の振り返り-日経平均株価は反落、終値は再び20,000円を割り込む

2017年6月12日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 19,908円(▲104円、▲0.5%) 反落
 ・TOPIX 1,591.5(▲0.1、▲0.01%) わずかに反落
 ・東証マザーズ総合指数 1,125.1(▲6.9、▲0.6%) 反落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:896、値下がり銘柄数:980、変わらず:142
 ・値上がり業種数:21、値下がり業種数:12
 ・年初来高値更新銘柄数:106、年初来安値更新銘柄数:19
東証1部の出来高は17億8,576万株、売買代金は2兆3,132億円(概算)となり、いずれも先週末から大幅減少となりました。先週末のNY市場でナスダック指数が急落したことを受けて、様子見スタンスに転じた投資家が多かったと見られます。ただ、一部の値嵩株の取引が活況だったため、売買代金が2兆3,000億円超になるなど、閑散相場という状況ではありませんでした。

そのような中、日経平均株価は寄り付きから安く推移し、前場の半ばには一時▲175円安となる場面がありました。その後切り返して下げ幅を縮小しましたが、結局は一度もプラス圏に浮上することなく引けています。偶然ですが、先週末に上昇した分と同額の下落となり、終値も再び20,000円を割り込みました。

なお、TOPIXは一時プラス圏に浮上するなど、わずかな下落に止まりました。先週末に続き、日経平均株価とは異なる値動きだったようです。

東証マザーズ総合指数は反落、売買代金は1,650億円超で3カ月半ぶりの大商い

東証マザーズの出来高は1億4,952万株、売買代金1,658億円となり、いずれも先週末から増加しました。個人投資家の資金流入が続いているようであり、先週末に続く活況な商いでした。特に、売買代金は1,650億円超となる2月28日以来の高水準となっています。

ただ、総合指数は利益確定売りなどから反落して引けました。個人投資家の資金流入が持続的なものかどうか、なお一層注目が集まるでしょう。

1/2ページ

最終更新:6/27(火) 23:50
投信1

チャート

ファーストリテイリング9983
37580円、前日比+530円 - 6/27(火) 15:00

チャート

ファナック6954
21955円、前日比+110円 - 6/27(火) 15:00

チャート

ソフトバンクグループ9984
9247円、前日比-11円 - 6/27(火) 15:00

Yahoo!ニュースからのお知らせ