ここから本文です

村上虹郎×怪奇現象のテレ東ドラマ『デッドストック』、ゲスト監督に森達也

6/13(火) 13:29配信

CINRA.NET

連続ドラマ『デッドストック~未知への挑戦~』が、7月21日からテレビ東京系で放送される。

【もっと画像を見る(2枚)】

同作は、昨年に実際に行なわれたテレビ東京の新社屋移転をモチーフにしたオリジナルホラードラマ。東京・神谷町から六本木の新社屋に移転する際に処分された大量の廃棄テープの中から怪奇現象の映った古いテープが発見され、常田大陸らテレビクルーがテープを手がかりに怪奇現象を解明するための取材に挑むというあらすじだ。

主人公の常田役を演じるのは村上虹郎。自身が演じるキャラクターについて村上は、「常田大陸という役は実直で愛らしいテレビ東京の新米ADです。未確認素材センターと呼ばれる、見るからに怪しいテレ東旧社屋の末端に配属になり、イケイケ女先輩とダメダメ上司に日々振り回されます。スタンダードな霊をはじめ、禁忌的なテーマと格闘したりするのですが、物語が進むにしたがって自分の内面と向き合う話になっていくので色々大変です」とコメントしている。

脚本を「スクリプトドクター」としても知られる三宅隆太と、『クロユリ団地』『ホワイトリリー』などの加藤淳也が担当。監督は三宅と『ナイトヒーローNAOTO』『楽園』などの権野元が務めるほか、ゲスト監督としてドキュメンタリー作品『FAKE』『A』などの森達也が参加する。

■村上虹郎のコメント
テレ東さんのやんちゃな企画に、主演として参加できて愉しくやらせて頂いていますが、毎度、怖いです。
でもホラー+サスペンス仕立ての作品は初挑戦だったのでとても新鮮な毎日です。
常田大陸という役は実直で愛らしいテレビ東京の新米ADです。
未確認素材センターと呼ばれる、見るからに怪しいテレ東旧社屋の末端に配属になり、イケイケ女先輩とダメダメ上司に日々振り回されます。
スタンダードな霊をはじめ、禁忌的なテーマと格闘したりするのですが、物語が進むにしたがって自分の内面と向き合う話になっていくので色々大変です。
ホラーとしての面白さもありますが、回を追うごとに成長していく大陸の姿や、他のキャラクターたちそれぞれが抱える事情、過去の映像等、様々な要素が絡み合い、一つのストーリーとして繋がっていくところも見所だと思います!是非ご期待ください!

CINRA.NET

最終更新:6/13(火) 13:29
CINRA.NET