ここから本文です

いい音鳴った!和楽器体験 田楽座がイベント

6/13(火) 7:00配信

長野日報

 伊那市富県の歌舞劇団「田楽座」は11日、「テレビよりおもしろいでんがく劇場」と題した公演を同市荒井のニシザワいなっせホールで開いた。開演前に和楽器体験の催しがあり、家族連れらが和楽器の魅力に触れ、伝統芸能に親しんだ。

 用意した和楽器は数種類の太鼓と笛、すりざさら、びんざさらなど。子どもたちは好きな楽器を手に取ると、メンバーの手ほどきを受けながら演奏に挑戦。威勢のいいはやしの音が会場に響いた。

 須坂市の小学4年生清水天蓮君(9)は「太鼓のゲームは良くやるけれど、本物は音が良くてたたくと楽しい」。公演も大盛況で、迫力ある太鼓の横打ちも堪能した。「親子3世代で生の舞台を見てほしいという願いがあります」と田楽座営業担当のたちかわねむかさん。和楽器体験のような地域交流の場を今後も大切にしていきたいという。

最終更新:6/13(火) 7:00
長野日報