ここから本文です

パシッ!鮮やかな黄色 クリームスイカ出荷始まる 今年は糖度も高め 福岡県福津市

6/13(火) 10:52配信

西日本新聞

 鮮やかな黄色が特徴のクリームスイカの出荷が12日、特産地である福津市のJAむなかた上西郷集荷場で始まった。重さ10キロを超すサイズを中心に、手塩にかけて育てたスイカが次々と運び込まれた。

 もともとスイカ栽培が盛んだった上西郷地区では、1965年ごろから希少品種のクリームスイカ栽培が始まった。出荷日の40日前から水気をきり、皮がはち切れそうな大きさまで育てる。包丁を入れるとパシッと音を立てて皮が割れ、みずみずしい黄色の果肉が現れる。今年は出荷前に雨が少なかったため糖度も高め。福岡、広島の青果市場に出荷されるほか、近くの農産物直売所「ふれあい広場ふくま」で8月上旬ごろまで販売される。

=2017/06/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞社

最終更新:6/13(火) 11:49
西日本新聞