ここから本文です

岡山の動物園からシカ脱走 捕獲できず、14日捜索再開

6/13(火) 13:09配信

山陽新聞デジタル

 13日午前9時ごろ、岡山市北区京山の池田動物園で、飼育しているニホンジカ1頭が飼育施設を出て、そのまま園外へ逃げた。北側の山中に逃げ込んだとみられ、同園の職員8人が同日夕方まで周辺を捜したが捕獲できなかった。14日午前9時に捜索を再開する。

 同園によると、逃げたのは体長約1・5メートルの雄。同園はシカ13頭を高さ約4メートルのフェンスで囲んだスペースで飼育しており、この日朝、施設内で餌を与えた飼育員が外へ出ようと扉を開けた際に、1頭が飼育員の横をすり抜けて逃げた。このシカは角が十分には発達しておらず、人に危害を与える恐れは少ないという。

 会見した忠政智登士副園長は「関係各所にご迷惑をお掛けし、申し訳ない。シカはおとなしいが、見つけても追い掛けたり、刺激したりしないでほしい」と話した。

 同園はJR岡山駅の北西約1・5キロで、住宅街の一角にある。岡山市教委は近隣の中学校、小学校などに注意を呼び掛け、近くの伊島小は教員が付き添い、集団下校するなどの対応を取った。

 14日は休園日で、その後2日間も臨時休園し、捜索に当たる予定。