ここから本文です

吉備雄也 グロスに敗れ本戦ならず、わずか37分の完敗<男子テニス>

6/13(火) 8:19配信

tennis365.net

AEGON・オープン・ノッティンガム

男子テニスの下部大会であるAEGON・オープン・ノッティンガム(イギリス/ノッティンガム、芝、ATPチャレンジャー)は12日、シングルス予選決勝が行われ、世界ランク337位の吉備雄也は予選第2シードのS・グロス(オーストラリア)に1-6, 0-6のストレートで敗れ、本戦出場とはならなかった。

【吉備雄也、グロス破る金星】

この試合、吉備は5度ブレークを許し、世界最速サービス記録を保持するグロスのサービスゲームではわずか5ポイントしか奪えず、37分で敗退となった。

昨年の台北チャレンジャー(台湾/台北、カーペット、ATPチャレンジャー)では、吉備が1-6, 7-6 (7-2), 6-4の逆転でグロスを破っていた。

30歳の吉備は、今年の2月に自己最高の224位を記録するも、その後は早期敗退が続いている。

一方、勝利したグロスは元世界ランキング53位の実力者。長身からの強力なサーブを武器としている。

今大会の本戦には日本から添田豪、守屋宏紀、サンティラン晶が出場。第5シードの添田は予選勝者と、守屋はJ・ミルマン(オーストラリア)と、サンティランはS・スタコフスキ(ウクライナ)とそれぞれ初戦で対戦する。

tennis365.net

最終更新:6/13(火) 8:19
tennis365.net