ここから本文です

麻雀・第34期鳳凰戦A1リーグ 第4節B卓 内川幸太郎がトップで暫定4位浮上

6/13(火) 11:39配信

AbemaTIMES

 日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」への挑戦権を争う、第34期鳳凰戦A1リーグの第4節B卓が6月12日、東京都・夏目坂スタジオで行われ、内川幸太郎が+41.2でトップを取り、トータルでも暫定4位に浮上した。

 B卓(半荘4回戦)は、トータル3位の藤崎智とマイナス圏内の3人による戦いとなったが、内川は1回戦から積極的な攻めが効果的でトップを獲得。3回戦こそ一人沈みのラスを引いたものの、それ以外の3戦すべてトップを取った。「前半戦は今日がヤマ場だと思って臨みました。何とか結果が出ていい位置で中盤戦を迎えられるので、しっかりと戦い続けていきたい」と、上位進出に勢いづいていた。各選手の成績は以下のとおり。

 1位 内川幸太郎+41.2 2位 藤崎智+5.0 3位 勝又健志▲15.3 4位 HIRO柴田▲30.9

 ◆鳳凰位 日本プロ麻雀連盟のタイトルの1つで、30年以上の歴史がある同連盟最高峰タイトル。A~Eまで計11のリーグに分かれている。A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。

 ◆日本プロ麻雀連盟 1981年に設立。森山茂和会長、初代会長の小島武夫のほか、ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。

最終更新:6/13(火) 11:39
AbemaTIMES