ここから本文です

錦織12位へ浮上 ナダル1位、マレーが圏内へ 最終戦ランキング<男子テニス>

6/13(火) 11:05配信

tennis365.net

最終戦ランキング

男子テニスツアーのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)の出場をかけた「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)が12日に発表され、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で2年ぶり2度目のベスト8進出を果たした錦織圭は前回から2つ上げて12位へ浮上した。

【フェデラーら メルセデス対戦表】

全仏オープンで史上最多10度目の優勝を果たしたR・ナダル(スペイン)は、2,000ポイント加算されて1位を独走。準優勝のS・ワウリンカ(スイス)は1,200ポイント加算され、前回から1つ上げて4位となった。

また、準決勝でワウリンカに敗れるもベスト4入りとなったA・マレー(英国)は、前回から6つ上げて出場圏内の7位へ浮上した。

11月12日から開幕のATPワールドツアー・ファイナルズは、シーズンの大会獲得ポイント上位8名が出場することが出来る。

今週行われているメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)にはR・フェデラー(スイス)、G・ディミトロフ(ブルガリア)らが出場する。

6月12日付の最終戦出場ランキングは以下の通り。

1位[ - ]:R・ナダル 6,915ポイント

2位[ - ]:R・フェデラー 4,045ポイント

3位[ - ]:D・ティエム 3,165ポイント

4位[ +1 ]:S・ワウリンカ 3,140ポイント

5位[ -1 ]:A・ズベレフ(ドイツ) 2,140ポイント

6位[ +1 ]:N・ジョコビッチ(セルビア) 1,975ポイント

7位[ +6 ]:A・マレー 1,930ポイント

8位[ -2 ]:D・ゴファン(ベルギー) 1,820ポイント

==================

9位[ +1 ]:P・カレノ=ブスタ(スペイン) 1,740ポイント

10位[ -2 ]:JW・ツォンガ(フランス) 1,570ポイント

11位[ -2 ]:G・ディミトロフ 1,565ポイント

12位[ +2 ]:錦織圭 1,560ポイント

tennis365.net

最終更新:6/13(火) 11:05
tennis365.net