ここから本文です

訪日客にフリーパス 富士急行

6/13(火) 15:34配信 有料

山梨日日新聞

 富士急行(富士吉田市新西原5丁目、堀内光一郎社長)は7月1日から、外国人観光客向けに、定額で鉄道や路線バスが乗り放題になる「富士山フリーパス」を発売する。同社グループの観光施設の無料利用や割引特典もあり、フリーパスを通じて富士山周辺のインバウンド(訪日外国人客)観光の強化につなげる。
 フリーパスは、富士急行線大月-河口湖駅間の各駅停車と、富士急バスの富士山周辺エリアなどの指定路線が乗り降り自由。富士吉田市の遊園地「富士急ハイランド」の入園とアトラクション利用1回分が無料になるなど、富士急行グループ8施設の入場券がセットになっている。
 このほか、フリーパス利用者の特典として、飲食店や温泉など12施設で提示すると、利用料割引やドリンクサービスなどが受けられる。
 フリーパスは1~3日分を用意。1日券の場合、大人(中学生以上)が税込み5500円。同社は「富士山周辺を訪れる外国人観光客は今後も増加が予想され、ニーズに合わせたサービスを提供したい」としている。本文:796文字 この記事の続きをお読みいただくには、世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    486円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:6/23(金) 0:24
山梨日日新聞