ここから本文です

ホークス東浜 ”打席で学ぶ” G菅野と対決へ「めったにない機会なので、吸収できれば」

6/13(火) 10:23配信

西日本スポーツ

 学んで勝つ! きょう13日の巨人戦(東京ドーム)に先発する東浜巨投手(26)が12日、「セ界最強右腕」との投げ合いでのレベルアップを誓った。リーグ3位の防御率2・18を誇る右腕は昨年に続く巨人菅野との先発対決で今季7勝目を挙げ、故障者続出の先発陣とチームを救う覚悟だ。

【写真】「あいつしかいない」東京に向かう4番最有力の柳田

打席に立って、貪欲に学ぶ

 昨季の交流戦では、既に球界を代表する存在だった菅野と6月10日に投げ合って7回途中1失点。自身に勝敗はつかなかったが、菅野には黒星をつけた。先発ローテ定着を目指す立場だった昨季より大きく成長しての対戦を、東浜は心待ちにしている。

 今回はマウンドで勝利を狙うことは当然だが、セ・リーグの本拠地で立つ今季初めての打席でも多くを学び取る。「今回は打席にも立てる。めったにない機会なので、何かを吸収できれば」。多彩な変化球を巧みに操る右腕から、貪欲に投球術を学ぶ考えだ。

年下に習う。試投する。高みを目指す姿勢

 12日のヤフオクドームでの投手練習では、年下の石川に武器であるパワーカーブを習い、早速キャッチボールで試投。「見ていても武器になる球。(自分は)まだ試合で使えるようなレベルじゃないですが」。現状に満足することなく、さらなる高みを目指す姿勢は行動にも表れた。

 今季は4月19日ロッテ戦から6連勝中。この間には5月30日の中日戦で自身4年ぶりの完投勝利も挙げた。4週連続で大事な6連戦の初戦を任されることになる「火曜日の男」が、投打に主力を欠くチームに勢いを与える。

=2017/06/13付 西日本スポーツ=

西日本スポーツ

最終更新:6/13(火) 12:48
西日本スポーツ