ここから本文です

DISH// ケンカを乗り越えて「めちゃくちゃ仲がいいです」

6/13(火) 20:00配信

TOKYO FM+

5人組ダンスロックバンド・DISH//の皆さんが、6月12日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長、あしざわ教頭とともに、リスナーの悩み相談に答えていきました。その中から高2の女子リスナーとのやり取りを紹介します。

◇◇◇ ◇◇◇
リスナー「いつも一緒にいる友達がいるんですけど、本音で話せないんです。DISH//の皆さんは本音を話して本気でぶつかったりすることがあるんですか?」

とーやま校長「何で本音で話せないの?」

リスナー「中学・高校と友達3人で仲良くしているんですけど、話しているうちに突然当たりが強くなったりきつくなったりするときがあるんです。本音を話したいんですけど、友達がツイッターで悪口を呟いたりして広めちゃうタイプの子なので、怖くてあまり話せないです」

とーやま校長「なるほどね。龍二先生、この質問はどうですか?」

小林龍二「僕ら5人はめちゃくちゃ仲がいいんですよ。でも結成した5年前とかは、それはぶつかりましたよ。中学校2~3年ぐらいだったからみんな思春期で反抗期もあって。ライブのセットリストを決めるのに、“この曲がいいだろ!”、“いや、こっちだろ!”みたいな感じでした」

とーやま校長「おのおの、想いがあるからね」

小林龍二「ライブを大切にするからこそケンカをしたこともたくさんありましたし、プライベートでもケンカすることはありました。でも結成する前から仲良かったんで、付き合いはもう10年とかなんですよ。性格とかも全部わかってるんですよね。まだ本音が言えない時期もありますけど、それを乗り越えればすごくいい絆が生まれて来るんじゃないかなって思います。ぶつかっちゃうことはしょうがないんですよ。でもぶつかった後に修復していく力っていうのを、俺は大事にしてほしいなと思います」

とーやま校長「自分のことが嫌だからじゃなくて、DISH//をよくしようということでの言葉だってこともわかってるから、いまだに5人でキャッキャできるっていうことですね」

北村匠海「僕は(リスナーと)同じタイプというか……。この際だからすごくぶっちゃけた話をしますけど、中学時代、中学校の裏掲示板に(悪口とかを)書かれたりした時代があったんです。今はそれがツイッターなのかもしれないんですけど、その時助けてくれたのってやっぱり友達だったんですよ。思ったことを素直に言えるものではないと思うんですけど、さっき龍二が言ったように、中学・高校って一緒にいられてるぐらいの友達だから、きっとお互いわかり合えてる部分もあると思う。友達だからこそ抱えるストレスはDISH//の中にもあるし、それは乗り越えるべき問題な気がします。僕は、ここで手放しちゃったらもったいないって思います」

とーやま校長「今の話を聞いててどうだ?」

リスナー「もうちょっと、自分の意見とか本音とかをちゃんと話してみようかなって思います!」

とーやま校長「ちゃんとぶつかればちゃんと受け止めてくれますよね」

DISH//「そうですね! お泊まり会をすればいいかもしれないですね!」

とーやま校長「たしかに! それは本当にいいね!」

リスナー「ありがとうございました!」
◇◇◇ ◇◇◇

6月7日にDISH//のニューシングル「I'm FISH//」がリリースされました。
6月末からは2マンの東名阪Zeppツアーが、9月17日には5人で初の野音となる「DISH// 日比谷野外大音楽堂公演17’秋 『MUSIC BOIN!!』」が開催されます。詳細はDISH//のオフィシャルサイト(http://dish-web.com/)をご確認ください。

最終更新:6/13(火) 20:00
TOKYO FM+