ここから本文です

「人の幸せを素直に喜べない」LiSAのアドバイスは?

6/13(火) 20:00配信

TOKYO FM+

LiSAがTOKYO FMのレギュラー番組に出演。5月に発売されたニューアルバム『LiTTLE DEViL PARADE』にちなみ、リスナーから届いた“心の中にいるLiTTLE DEViL(小悪魔)”のエピソードを紹介し、感想を語りました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! LiSA LOCKS!」6月12日放送分)

【私の心には、人の幸せを素直に喜べないLiTTLE DEViLが住み着いています。例えば、自分が抽選で外れてしまい、行けないLiSA先生のイベントに友達が参加するとき、恨めしく思ってしまって、「楽しんできてね!」と素直に言うことができません。「良かったね! 楽しんできてね!」と思えたら、素直に伝えられたらいいのになあ、そんな人になりたいなあ、と思っています。どうしたら、人の幸せを素直に喜べるでしょうか。(21歳・女性)】

LiSA:めっちゃ分かる! なんか、1人だけ当たりを引いてると嫌だよね(笑)。“なんであの人だけ得してるの!?”って気持ちになるよね。でもその後に、「楽しんできてね」と素直に伝えられたらなと思っているのは素晴らしいと思います。
友達もきっと分かってるよ! 自分だけ当たっちゃってちょっと申し訳ないなって気持ちもあると思うし、それでも内緒にしないで「行ってくるね!」って伝えてくれる友達のことを、少し信じてもいいのかなって思います。「楽しんでね」って言ってあげられない気持ちは、友達も分かってると思う。そんな気持ちを一緒に共有できたらいいと思います。大丈夫!

【「私の方が好きなのに」これが私のちっちゃな悪魔です! 私は、インディーズやちょっと名のしれないアーティストが好きで、そういう人を応援したいんです。でも売れてくると「あぁ、離れちゃうなあ」と勝手に思って、友達から「最近売れてるよね。あのアーティストは私も好き!」とたいして曲も知らずに言われると、「私のほうが、前から好きで知識もあるのに」と思ってしまいます。早く知ってれば勝ちって事じゃないのに、やっぱり雲の上の存在になるのが嫌で、有名になって欲しいけど有名にならないままでいいのに……と思ってしまいます。(15歳・女性)】

LiSA:これ、私、色々言いづらい(笑)。これはシンガー目線になってしまいますけど、私自身も最初から応援してくれてる人たちをすごく大事にしたいと思っています。なんだけど、逆に新しく知ってくれた人も嬉しいなと思っています。わがままなのかもしれないけど、みんなが好きでいてくれるにはどうしたらいいかなって考えますね。でもね、離れちゃうなって思ってるキミのこと、私ちゃんと分かってるよ。好きでいてくれる人を大事にしようっていうアーティストさんはたくさんいらっしゃると思うので、好きなアーティストのことを信じられたらいいかもしれないね!
で、新しく好きって言ってきた子には「私のほうが前から好きだったし、今さら気づいたの? ふん!」って言ってあげればいいんじゃない?(笑)。そしたらその子にそのアーティストの昔の話とか新しい情報も教えてあげられるし、ちょっと自慢気じゃん? 自分の気持ちが晴れるような言い方ね。「私の方が知ってるし、ふんっ」みたいに、可愛くやってみたらどうでしょうか。

【今好きな人がいます。私はその人が好きなんだと意識し始めてから、前みたいに喋れなくなりました。でもその人は誰とでも仲がよくて、その人がみんなと仲良さそうに話してるのを見ると嫉妬してしまいます。(17歳・女性)】

LiSA:分かる! そうなんだよね、自分のほうが好きなのにね。しかも、その人に一番に思ってほしいのも自分なのにね。自分に優しくしてくれたって思ったら、他の人とも仲がいいんだよね。そういう思わせぶりな男の人はダメよ(笑)。その人は好きになって一緒にいても、きっと思わせぶりな態度を他の子にもしちゃうんじゃない? ……ちょっと応援できなくなってる(笑)。
人のことを羨ましいと思ってしまう気持ちはしょうがないので、まずは自分がその人の特別な存在になるように、自分を磨くことですかね。私もそうなんですけど、他の人のこと気にし出すと自分と比べちゃうんだよね。そうすると自分のほうがダメかもしれないって思ってどんどん自信がなくなっちゃうので、まずはその人を好きって気持ちと、自分自身のことを大事にしながら頑張れたらいいな。また報告してください!

最終更新:6/13(火) 20:00
TOKYO FM+

Yahoo!ニュースからのお知らせ