ここから本文です

℃-ute解散によせて、高橋みなみが選んだ大好きな1曲

6/13(火) 20:10配信

TOKYO FM+

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組、6月13日(火)の放送では、解散したアイドルグループ℃-uteへの思いをたかみなが語りました。

結成から12年と1日目、6月12日(月)にさいたまスーパーアリーナでラストコンサートを行い、グループ名にちなんで午後9時10分にその活動に幕を閉じた℃-ute。

そのアイドル力の高さ、あまりのかわいさにAKB48時代から彼女たちに憧れていたというたかみなは、当時ダンスの振り付けを考えないといけないときには℃-ute(とBerryz工房)を参考にしていたそうです。

「アイドルが好きなアイドル、アイドルの鑑のようなグループでした」と、その解散を惜しむたかみながこの日は℃-uteの数ある楽曲のなかで大好きな1曲をチョイス。

それは、村上愛さん脱退後2007年に発表された、7人体制となって初のシングル「桜チラリ」。

「出会いと別れ、全てに意味があるよねって、すごく背中を押される曲です」と紹介しつつ、℃-uteメンバーの今後の活躍を願っていました。

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」2017年6月13日放送より)

最終更新:6/14(水) 0:03
TOKYO FM+