ここから本文です

JR横須賀線の架線から火花

6/13(火) 21:00配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

13日朝、神奈川・鎌倉市のJR横須賀線の架線から火花が出ているのが確認されたため、一部区間で運転を見合わせ、およそ4時間後に運転が再開された。
13日午前7時45分ごろ、JR横須賀線の大船駅と北鎌倉駅の間で、架線から火花が出ていると通報があった。
このため、JR横須賀線は、大船駅と逗子駅の間の上下線で運転を見合わせ、およそ4時間後に運転が再開された。
目撃者は「火花自体は、30cm四方ぐらい。電柱2カ所から」と話した。
利用者は「困りますね。歩いてきた。(ずっと歩いてどのくらいかかりました?)40分」と話した。
JR東日本によると、架線付近に長さおよそ2メートルの針金のようなものが引っかかっているのが見つかっていて、火花との関連を調べている。

最終更新:6/13(火) 21:00
ホウドウキョク