ここから本文です

JFEエンジ、浄水場更新工事を受注 フィリピン最大100億円

6/13(火) 13:24配信

日刊産業新聞

 JFEエンジニアリング(本社=東京都千代田区、大下元社長)は12日、フィリピン国のマニラッド水道サービス会社から、同国最大のラメサ第1浄水場(所在地=マニラ首都圏ケソン市)の更新工事を競争入札を経て受注したと発表した。受注金額は全体で約100億円。フィリピンの建設会社サンタ・クララ社との共同企業体で、2020年に施設を完成させ、引き渡しをする予定。JFEエンジのフィリピンでの上下水道プラントの実績は、下水処理場を含め今回が30件目。

最終更新:6/13(火) 13:24
日刊産業新聞