ここから本文です

添田豪 ストレート負けで2回戦進出ならず、予選勝者に完敗<男子テニス>

6/13(火) 22:02配信

tennis365.net

AEGON・オープン・ノッティンガム

男子テニスの下部大会であるAEGON・オープン・ノッティンガム(イギリス/ノッティンガム、芝、ATPチャレンジャー)は13日、シングルス1回戦が行われ、第5シードの添田豪は予選勝者のL・グラスプール(英国)に2-6, 2-6のストレートで敗れ、2回戦進出とはならなかった。

【錦織 ラケット破壊を語る】

この日、9本のサービスエースを決められた添田は、グラスプールのサービスゲームを1度も破ることが出来ず、1時間18分で敗れた。

32歳の添田は今季、2017サンタイジ・チャレンジャー(台湾/台北、ハード 、ATPチャレンジャー)とフィラ・ソウル・オープン・チャレンジャー(韓国/ソウル、ハード、ATPチャレンジャー)でベスト8に進出。釜山オープン(韓国/釜山、ハード、ATPチャレンジャー)では準優勝を飾ったが、ツアー大会では未だ勝利を挙げることが出来ていない。

その他の日本勢は守屋宏紀、サンティラン晶が本戦に出場。守屋はJ・ミルマン(オーストラリア)と、サンティランはS・スタコフスキ(ウクライナ)とそれぞれ初戦で対戦する。予選には、吉備雄也が出場していたが、予選決勝でS・グロス(オーストラリア)にストレートで敗れた。

tennis365.net

最終更新:6/13(火) 22:02
tennis365.net